おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

教務の仕事で必要なスキル

教務になって表計算ソフトを使う機会が増えました。

OfficeのExcelやGoogleのスプレッドシートなどです。

 

教務の仕事の一つに「週案を出す」ことがありますが、

週案を出す際に「授業時数」を先生たちに伝える必要があります。

 

授業時数を伝えるためには、月間の予定を組まないといけないですし、年間の行事や時数も

組んで把握する必要があります。時数を管理する上で、使っているものがExcelです。

 

はっきり言って僕のExcelのスキルや知識やパソコン教室の初心者レベルです。

なんとか覚えた知識やスキルを使ってExcelを運用しています。

 

そもそも小学校教員でExcelを使うことはほとんどありません。

校務支援システム(学校のPCに採用されている、成績管理や通信表作成ができるソフト)が導入される前は成績の管理を自力で行う必要があったため、Excelを使用していましたが、今ではその必要もありません。

 

幸い、その時に中学校の教員出身だった教頭先生や、Excelで時間割を作成している先生から

Excelの簡単な使い方を教えてもらったおかげで、関数の入力の仕方やオートフィルなど基本的な使い方を覚えることができたので、今教務になってその経験を生かすことができています。

 

ただ、Excelを動かしながら「こんな仕組みにならないかな」「これがあったら便利だな」と思いつきはするのですが、実際にどのように関数を組めばいいのか分かりません。

Excel関連の本も読んだのですが、本には幅広いスキルは載っているものの、自分が「これだ」と思うものはなかなか見つけることができません。

 

やはりここは、最も有効な手段を使うしかないでしょう。

それは、

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しい人に聞く

 

 

 

 

幸い、僕のつながりにはExcelにものすごく詳しい方がいて、質問したらすべて返ってくる方がいます。また教務のつながりで、Excelに詳しい方もいます。

やはり本やネットで調べるより、人に聞くのが一番です。そして『学び合い』の本でよく言われている、「人の力を借りる」能力がここで生きることになります。

 

 

つながりがきっといつか自分の得になる、そんなことを改めて感じた次第でした。