おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

#教員不足をなくそう

www3.nhk.or.jp

 

他人事ではなく、目の前で起きていることです。

確かに足りない。もっと状況が厳しいところもあると聞きます。

 

ただ、このまま「足りない」「足りない」と言っても現状は何も変わらないように思います。

そうこうしている間にも、子どもたちは学校にやってくるし、教育に求められることは変わりません。

 

しかし、教員不足に対して本気になって問題意識を持っている人が教員側、行政側、そして世間にもどれだけあるのだろうか、と思います。

 

教員「文科省がー」「教育委員会がー」

行政「学校がー」

世間「先生たちはー」

 

と言うだけでは何も変わりません。

 

他人事ではなく自分事として考え、行動することが、教員不足を解消することの一歩だと思います。

 

教員が足りないこと、教員が足りなくなることによる弊害は明白なわけです。

 

 

子どもたちに影響が出る

 

 

だから動き出さないといけません。現状、綱渡り状態であることに棚上げせず、できることをやっていかなければ、問題は悪化する一方です。

 

私自身、できることをやっていきます。

私にできることは、今いる先生たちが気持ちよく過ごせること。

雑談、相談ができる環境づくりを行うことです。

『学び合い』が広がれば様々なことが改善すると思うのですが、

これはまだもう少し様子見。

少しずつできることをしていきたいです。