おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

#86 整形外科

今日は、整形外科に行きました。

f:id:f-manabiai:20200626194105p:plain

 

足の親指が痛くて、腫れて、歩きにくいからです。

診察して頂いた結果、爪の周りが炎症を起こしているとのことでした。

抗生物質などの薬をもらって終了です。

 

この整形外科は、何年か前にお世話になりました。その時は野球の試合中に外野スタンドに頭をぶつけて、大量出血し、大慌てで病院に行って「ホッチキス」のような器具で固定してもらいました。その時はじめて、頭はケガをすると血が出やすいということを知りました。その対応がよかったことを覚えていたので、同じ病院を選びました。

 

今回の爪の件は、少し検討がついていました。中学生の時に爪が指に食い込んで出血するということがあり、整形外科にお世話になったからです。その時は、手術を行って食い込んだ爪を切り取るということになりました。1ヶ月くらい学校に行く前に通い、抜糸。風呂にも入れずに大変な思いをしていたところ、父親から「足の爪は食い込みやすい」ということを聞き

 

 

遺伝かよ!早く言え!

 

と思ったことをよく覚えています。

ですからそれ以来、足の爪が食い込まないように、早めに切るということを心がけていたので、それ以来20年近く、足の爪に異常はありませんでした。しかし、今回の痛みは当時に似ていたので、「ああ、手術か」と覚悟をしていたところです。実際は、爪の切りすぎと、マラソンなどによる爪の圧迫が原因とのこと。また一つ、勉強になりました。

 

今日、整形外科の中で昔のことを思い出していましたが、そういえば整形外科にお世話になるのは、今までの人生の中で何度かあったな、と。大きいものでいえば、学生時代に包丁で指の腱を切ってしまった時と、右足をひねって捻挫した時です。いずれも、処置が遅れたり、適切でなければ、その後の生活に支障が出るレベルのことでした。

 

これから先もあんまりお世話になりたくはないですが、また何かの機会に行くことになりそうです。それにしても、私病院通いが多い。大きな病気はないけど、ちょこちょこいろんな病院に行きます。毎年職場でもらう医療保険の書類を見ると、すごい量です。私にとって、健康でいることは、かなりの節約なのかもしれません。