おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

選挙の投票率とワクチン接種率

コロナのワクチン接種率が欧米を超えた、というニュースには驚きました。日本って、ワクチンに対してアレルギーのある人が多いと思っていたし、反ワクチンの情報もかなり発信されていたから、影響を受ける人が多いと思ってました。

 

ワクチンの接種率が高かったのって、なぜだろう。完全に感覚だけど、別に打たなくてもいいやと思う人たちだって、結構いたんじゃないかなと思うんですよ。僕の場合は、学校や、自分の家族に影響が及ばないようにするため。

 

優先接種があって周りが打ってるから、というわけではなく、ワクチンを打つこと、打たないことを天秤にかけて、前者の方がメリットが大きいと思ったから。

 

やっぱり「いつでも、どこでも打てる」という仕組みをつくったことが、接種率をあげたんじゃないかな、と思います。

 

そう考えれば、選挙の投票率をあげたいなら…

「いつでも、どこでも入れられる」という仕組みを作ってしまえばいいんじゃないかな、と思います。例えば、ネット選挙とかね。

 

今回期日前投票会場に行って思ったことは、

「感染防止したいなら、こんなとこ集めないで、ネットでいいじゃん」

「こんなに前から投票できるなら、ネットでいいじゃん」

「紙に書くの必要か?ネットでチェックマークでいいじゃん」

 

そんなことを思いました。

ま、やりたがらないんでしょうけどね。

色々イチャモンつけて。

「本人確認はどうするんだー」とか。

いやいや、毎回選挙の時に思うよが、

選挙の時の本人確認の方がザルでしょ、、、

なんか代理で投票した、みたいなニュースもあってたし。。

 

あと特に気色悪かったのが

「投票呼びかけ動画」

有名人たちが、集結して「選挙にいこう」と

発信する動画を何度か見ました。

なんだかドキュメンタリーチックな内容もあったりと、ついつい見てしまうものだったけど、

だんだん気分が悪くなりました。

 

なんだか選挙に行かない人が「悪い」と。

選挙に行かせる同調圧力じゃないか、と。